「本物の」たこ焼き

近頃、TVでたこ焼きを見てから娘がたこ焼きが食べたいといった騒いでいました。
なので、近所の超絶が冷凍食べ物半額だったし、
領域でチンするバリエーションのたこ焼きを買ってきたのです。
あつあつほくほくのたこ焼き。
家屋で愛用のお好みルーツに、マヨネーズをかけて。
それに青のり、花かつお。
こどもも満足した面構えで「旨い」ってパクパク食べてくれました。
そうして旨い冷凍たこ焼きを満喫したその日の夜更け、
時点ひどく、旦那が「おーい、たこ焼き買って帰ったぞー」
どうも業務でたこ焼き屋くんがいるらしく、白い企画に入ったたこ焼きを3つぶら下げているではありませんか。
夕ごはんも終わっていたけど、3ヤツで飯台で取ることになりました。
そのたこ焼きはセンターがトロトロで、たこも大きくて、甘めのルーツが相当価値。
ただし娘が最初口食べた後に言いました。
「夫人、コイツセンターが焼けてないよ」
そりゃあ昼間に食べたのはセンターまでたっぷり火の通ったたこ焼きですから。
そうして旦那が余計なひと言。
「これが本物のたこ焼きなんだよ」
「えー、とすれば昼のはニセ製品なのー?」
そうして旦那といった娘が面白く「本物」のたこ焼きを食べるセンター、
「ニセ製品」を渡した自分は立つ瀬がなく、だんまりってたこ焼きを食べました。
ミュゼ